お気に入りに追加

自動作曲システム ACS 7.79

スポンサードリンク

自動作曲システムは、音楽知識がなくても、簡単に作曲ができるソフトウェアです。

自動作曲システム ACS
ソフト種類: Shareware
日付追加: 2011-03-14
対応OS: WindowsXP/Me/2000/98/95/NT
ファイルサイズ: 6.78MB
ソフト作者: (有)ミューテック

対応言語

自動作曲システム ACS 7.79】の開発者説明

Advertisement
自動作曲システムは、音楽知識がなくても、簡単に作曲ができるソフトウェアです。
作曲のアイデアを得たい中級・上級者の場合は、パラメータの設定により、様々なスタイルの音楽を作曲させることができます。自分が専門とするジャンルの音楽を次々と作曲させるだけでなく、伴奏やリズムパターンを変更し、他のジャンルの要素も取り入れて曲作りの参考にすることができます。面白い例としては、「弦楽四重奏」の音階を「沖縄音階」に変更すると、「沖縄風弦楽四重奏」とも呼べるような新しい音楽スタイルを作ることができます。
豊富な機能
着メロもオートアレンジで簡単作成!
オートアレンジを行うための変換モードでは、MIDIファイルを読み込み、メロディとコード進行はそのままにして、音楽スタイルだけを変更することができます。自動作曲システムでは着メロのファイルを出力することができますが、元のMIDIファイルに16以上の和音が含まれている場合でも、オートアレンジの機能を使用すれば、いちいち自分で音を間引く必要がありません。また、ビートルズのアップテンポなロックナンバーでも、オルゴール曲のような、着メロにあった音楽スタイルに変換して出力することができます。
音楽スタイルも自動生成!
あらかじめ用意されている音楽スタイルは、アレンジ(伴奏・リズムパターン)が固定されているため、いつかは飽きてしまいます。そのような場合は、自分で音楽スタイルを作成することができます。最も簡単な方法は、ランダムポップスやランダムジャズなどのボタンで、音楽スタイルそのものを自動生成させることです。
既存の曲から音楽スタイルを抽出!
MIDIファイルを読み込み、そこから音楽スタイルを抽出する方法もあります。たとえば、Chemistryの「You Go Your Way」のファイルを読み込んで、ギターやベース、ドラムなどの伴奏パターンを取り出すことができます。この際、メロディトラックからは、音の推移に関する情報も抽出されますので、自動作曲時に、メロディの特徴も再現することができます。

プログラム関連 自動作曲システム ACS

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com